バス(タシュクルガン→カシュガル)


中国 交通 2013年08月04日

 タシュクルガンから、キルギス行きのバスの出るカシュガルに向かいます。怒涛の5日連続移動の3日目。
 ※これ書いてるとき、ぶっちゃけもうキルギスなんですがご容赦を。怒涛の5日連続移動+ビザ取得スタートダッシュがあったので、書く余裕無かったです。

 値段は55元でした。北京時間とシンジャン時間というのがあるのですが、前者-2が後者。バスは北京時間の9時半、10時、11時があります。また、120元出せば、自分の好きな時間に出てくれるタクシーに乗れます。
 僕は北京時間の8時から並んで9時半のバスに乗ったのですが、これがまさに外れくじ。ワーストだとは言わないけれど、イラつかせるという意味では最強のバスでした。

scene

 バスはもう、全員乗っていたので9時15分には出発。そういう動きは好印象。写真は窓から見た景色。クンジュラブ峠からタシュクルガンまでと大体同じ感じでした。で、写真を撮ったくらいに気づきました。
 バスおせぇ。

 10時に出た便に抜かされてました。じゃぁ、僕が朝早くからチケット並んで取ったの、意味無いじゃん。僕が運転するって何度言おうと思ったか。たぶん運転はできたけど、いろいろとまずいだろうから止めときました。

stop

 しかも、途中で道が寸断され、ブルドーザーが土砂を撤去中。それで1時間くらい足止めくらいました。
 また、その辺りの道がぐねってるもんだから、通行止め越えてからドライバーはより慎重になっちゃって遅いのなんの。その後、検問もあって更に時間を食う。
 心頭滅却して心を落ち着けようとしたけど、無理。運転自体初めてなんじゃないかってくらいの下手さ。あの坊主。あいつだけ谷底に落ちて、人の世界に返ってこなければいいのにって思いました。

 結局4,5時間と聞いていた道も8時間もかかる始末。町の外れの分けわかんないところに止めるし。
 そこからタクシーで宿に向かおうと拾ったのですが、そいつも宿以外のところに行って、ここで降りろという始末。頭きたので、キレまくってタクシーには一銭も払わなかった。まぁそこは儲けもんでした。降ろされた場所自体は地図見ればわかりましたからね。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>