バス(パムッカレ→イスタンブール)


トルコ 交通 2013年10月14日

 パムッカレからイスタンブールへの移動です。

 チケットは、Bus Companyという赤い看板のオフィスで買いました。トルコの観光業者で、初めてくらいのいい人だった。説明も理路整然として、気遣いもできて。
 まぁちゃっかり荷物預かり代を請求してきたけど。まぁチケット買った後だったのでしかたなく、荷物預かり代5リラは払ってあげました。普通はタダでしょ。チケット買ったんだから。宿とかツアーとかは僕は不要だったので、マージンが取れるところが無かったんでしょうね。

 バスは22時半にデニズリを出発です。20時にパムッカレの中心からバスが出て、9時以降のバスに乗る人はみんなそれに乗せられます。前日、ギョレメから移動してきた人とも会いました。
 バスは10人も乗って無いほどのガラ空き。2席占有できたし、いつもみたいに荷物を持ち込むなと文句を言われることもなく、とっても快適でした。ULUSOYという会社です。今まではNevsehirという会社だったのですが、会社が変わったことも影響しているのかも。
 Nevsehirはカッパドキアの会社なので、カッパドキアに行く以上、お世話になる確率が高いのですが、あまりいい印象ではありません。

 それでイスタンブールへは、朝の7時くらいに着きました。ただ、そうとう外れについて、そこから中心へシャトルバス。アヤソフィアとか言っとけば、その近くまで連れてってくれるでしょう。



 本当は、鉄道で移動したかったのですが、無いようです。パムッカレに朝ついて、列車は無いよといわれたのですが、トルコの観光業者は基本的に信用できないという僕の姿勢により、無視。実際、デニズリの駅まで行って確かめました。けれど本当にありませんでした。
 ただ、英語が上手く通じなかったので、列車自体がないのか、空きが無いのか、シーズン的にないのかとかはわかりませんでした。でも、やはり無いんでしょうね。

 ちなみにデニズリは大きな町でオトガルがいくつかあるようです。パムッカレ行きのバスが出ているのは駅前の小さなオトガル。パムッカレまでは3.5リラでした。イスタンブール行きなど、大型バスの場合は町外れのオトガルです。まぁ素直に観光業者の言うことにはいはい言ってれば、意識することも無いですが、一応。

 トルコの観光業者に対してのイメージが、少しだけ改善しました。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>