越境鉄道(ニシュ→ソフィア)


セルビア ブルガリア 交通 2013年11月03日

 セルビアのニシュから、ブルガリアのソフィアに夜行列車で向かいます。

 ニシュという町ですが、バスで着きました。で、バスターミナルと駅が併設しておらず、歩く羽目に。ここら辺はだいたい併設してるので、安心していたのですが。。。
 列車の出発は午前2時45分。宿を取るか迷うところですが、僕はマックで過ごすことに。wifiがあるにはあるけれど、つながらない。残念至極です。
 チケットはべらぼうに安い。1050ディナール。ベオグラード→クルシュムリエのバスが1670で距離は長いですが、今回は国境を越えるパターン。それでこの値段だから、驚きました。ここらへんはもしかしたら鉄道のほうが全般的に安いのかもしれません。

seats

 これが車内。座席ですが、ベッドソファみたいになってて倒すと3人寝れます。
 あまり寝心地はよくないですが、1050ディナールだからね。

grapheti

 これは駅に止まってた別の列車だけど、乗ったやつも同じようなもん。
 ベオグラードといい、セルビアは落書きに対して寛容なのかも。



 国境ですが、全て列車に乗ったまま。荷物チェックは双方無しでした。セルビア出国はパスポート見せるだけでスタンプも押してくれない。
 ブルガリアは流石EUなのか、入国の際に、前の町、滞在日数、滞在目的、次の目的地などを聞かれました。すごくしっかりしてる。スタンプも、適当なところじゃなくて、前のページから選んでいって押せる場所に押してくれている。しっかりしている。すごい、これがEUか。

 列車は朝8時、ブルガリアはセルビア+1時間なので、9時に着きました。1時間遅れです。
 でも、まぁ安いからね。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>