キシナウ


モルドバ まち 2013年11月07日

 最高かもしれん。特に中央アジアを抜けてきた旅人にとっては。
 モルドバの首都、キシナウです。

name

 まずはモルドバって書いてある落書き。ちょうどそこに立っていた女の子が印象的。
 ここ、めっちゃ人がフレンドリー。朝っぱらから2,3回話しかけられました。しかも嫌な感じもしなかったし。

bus

 バスターミナル。これこれ、この雑多な感じ。マルシュルートカがめっちゃいて、スゲー渋滞してんの。中央アジアの感じを思い出します。

oil

 バザール。こっちだとマーケットになるのかも。ここもいろんなものが売ってる。写真は油。後ろのタンクにも油が入ってるのかも。
 変な木の根を売ってるおっさんがいて、聞いたら食べるもんだと。あるいは煎じて飲むのかも。肺とか食堂の辺りを指して、ここら辺にいいんだって言ってた気がします。なにぶん言葉が通じないので、それ以上はわかりませんが。

onion

 あと、めっちゃちっこい玉ねぎ売ってる。どんだけ売ってんねんって数。

house

 モルドバの家。あと木。緑の団子みたいになってる葉がついている木。これ、そこら中にありました。

trees

 なんか街路樹の道。道端の落ち葉の量がやばいです。

church

 教会。青が印象的。ところどころに黄色を使ってます。別の教会は黄色じゃなくて金だった。いずれにしろ、青は使われてます。

wine

 最後、バザールの近くの飲み屋でビールとワインを飲みまくりました。写真のワインっぽくないのがおいしかった。シャンパンとワインの中間くらいだけど、もっと甘くて安っぽい感じの飲み物でした。
 つまみは、シシャモみたいな魚と、カニカマ。カニカマはぱっさぱさでしたが、おいしかったです。



post

 連なりポスト。
 正直、最高の街です。物価は安い。先進国みたいに整ってなくて、雑多な感じが味わえる。ここヨーロッパによくある、石畳の目抜き通りがないしね。それもいい。
 酒もワインとかビールとかめっちゃおいしいし、メシもロシアンフードとヨーロッパとかトルコのケバブとかが色々あって選びべる。自炊するなら、バザールで食料調達できるし。なんかグルジア料理の店があったりして、ちょっとグルジアを思い出せるのもいい。
 ただ惜しむらくは、観光資源がない。そして、トルコみたいに必ず通らなければならない場所に無い。ちょっと立ち寄ってみようかって国。

 本当に惜しい。これだけ人もよくて、物資があって安い国だから、居心地のいい日本人宿を作ったら、絶対に沈没者続出だよ。てか、ここに宿作りたい。1泊7か8ユーロくらいで作ったら、絶対人集まる。
 まぁでも、たぶん僕はしないんですけどね。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>