越境バス(キシナウ→ティラスポリ)


モルドバ 沿ドニエストル 交通 2013年11月08日

 モルドバのキシナウから、沿ドニエストルのティラスポリにバスで移動します。
 この路線、頻発してるので、まぁ乗り過ごすことは無いです。僕は10時の便に乗って11時半くらいに着きました。料金36.5レイ。キシナウの中央バスターミナルを出て、ティラスポリの駅前に着きます。

 沿ドニエストルは未承認国家で、入国時に賄賂請求があるだの、入国拒否だの、いろんなうわさがありましたが、まったく問題なし。期待には添えませんでした。
 むしろ、日本人?またきたね?みたいな感じだった。日本のバックパッカー、こういう国好きですからね。日本以外のバックパッカーは行かないんですかね。



 国境ですが、モルドバ出国はなし。バリケードみたいなのがあるだけ。だって、ドニエストルってモルドバは認めておらず、その領土はモルドバの物だって認識ですもの。
 ドニエストル側はバスを降りました。以下、流れ。
0. 事前にバスの中でドニエストルの入国カードをもらっておく。ドライバーのおっさんが持ってます。
1. バスを降り、ちっちゃい小屋でパスポートチェック。このとき入国カードは不要。
2. ちょっと歩いて、入国カード提出&パスポートを再チェック。てか1のとき何やってたんですかね。

 入国カードにスタンプを押してもらっていて、半分切って渡されるので、それを保管しておく必要があります。半分は出国時に提出する感じです。なので、パスポート上は沿ドニエストルに入国した痕跡はまったく残りません。まぁ残念。カラバフはビザとか貼ってくれるのに。

 そんな感じでスムーズな移動でした。



soup

 沿ドニエストルは未承認国家ですが、独自通貨を発行しており、もうモルドバレウが使えません。
 なので残金調整のため、出発前に散財。このスープおいしかったです。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>