ボスニアヘルツェゴヴィナ総集編


ボスニアヘルツェゴヴィナ くに 2013年11月12日

 戦争の傷跡が残る国、ボスニアヘルツェゴヴィナです。

 ボスニアヘルツェゴヴィナについてはこんなふうに思ってました。
 10/30にクロアチアからバスモスタルへ。ここの宿がとてもいいところだった。けっこう感動しました。ボシャニク人の人のよさを感じた。
 翌10/31はバスで、サラエボへ。その日の夜行バスで、セルビアに抜けるという強行日程でした。



 モスタル、サラエボと行きましたが、戦争の傷跡ががっつり残ってます。モスタルなんかは橋や町並み、自然も美しいけれど、そっちのインパクトがすごく強かった。本当に、旧ユーゴスラビア旅は、色々考えさせられます。
 あと、ボシャニク人はすごく親切な人が多かったように感じます。特にモスタルで泊まったHostel Dadaのおばちゃんはすっげー愛想のいい人だった。なかなか出会えないなって感じ。

 僕は最初にあまり情報を入れずにその国を見ているのですが、後でボスニアヘルツェゴヴィナの歴史を調べることになりました。すごく悲惨で、文字通り心が痛む事実でした。
 そういうことを経験している国だから、人が優しかったのかもなぁとか思いました。そして、サラエボのバスターミナルが分割されてたりして、未だに対立の名残が残っています。

 人の感情というのは中々、変えがたいものです。でも、この国がより平和になり、戦争の傷が癒えてくれればと、勝手ながら思いました。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>