退職


日本 その他 2013年04月29日

ずいぶん時間が空いてしまいましたが、4月26日に退職しましたことを報告します。



退職日は、ずっと挨拶周りをしていました。
お話できた人、できなかった人いますが、皆さんにお世話になりました。
いい会社だった。


退社後、昼飯によく行っていたお店に。
月島にある年輪と言うお店で、スープカレーがうまいのと、個人的にはマグロのどんぶりも絶品です。
(最後、スープカレーの写真を撮り忘れたのは失態でした。)

会社を辞めて世界一周することを伝え、そのことで話をしていると、僕の横に座っていたおばちゃんが話に入ってきて。。。
「色んな経験をしたほうがいい。」と、世界一周することをほめてくれました。


夜は、会社で仲のいい人たちを集めて送別会。
全員男のむさくるしい宴でしたが、会の途中でどこからともなくバースデーソングが。
ケーキが運ばれてきて感動しました。(でも誕生日は10月)

さらに手ぬぐいをプレゼントにいただきました。
そしてそこには寄せ書きが。
社会人になって寄せ書きをもらうとは思わなかった。
本当に感動しました。

retire



なんというか、送るのもしんどいときがありますが、送られるのもまた、心がざわつくものです。
いろいろな思いがこみ上げてきて、自分の足で出て行くはずなのに、歩みを止めてしまいそうになります。


僕は会社が嫌だったわけではありません。

会社の中で自分の所属していた部署は若手が多く、どこか学生的な雰囲気さえあるような部署でした。
経験値やノウハウで戦うというよりは、みんなで支えあって体力や気持ちで仕事に向かう感じです。

そういう雰囲気の中で、
先輩には暖かく見守っていただき、
後輩にもそこそこ慕われて、
仕事をするにも信頼できる仲間がいて、

本当に何で辞めるのかと、自分で自分に問いたくなるような状況です。



でも、僕には会社や今までの人間関係から離れて、もう一度一人で立ってみる必要がありました。
純粋に自分のために、わがままに生きてみたいと思いました。
会社にいたらできないことを、僕はしていきたいと思います。

会社の皆さんには、本当にお世話になりました。
ありがとうございました。



送別会の帰り、実は満月だったので夜道がとても明るかったです。
いつの日か満月を見たときには、この日のことを思い出せたら素晴らしいなと思いました。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>