ヘブロン


イスラエル まち 2013年12月16日

 ヘブロン。パレスチナだけど、ユダヤ人が入植して土地を侵食している場所。

 行き方ですが、エルサレムからもバスが出ているようですが、僕はベツレヘムから。
 ベツレヘムの旧市街の中心から、西に歩いて10分くらいのところにある、bab zuqaq squareかな?という場所から、黄色いバンの乗り合いタクシーが出ています。帰りはその終点から。9シュケル。
 雪のせいで、僕は帰りの乗り合いタクシーがないだろうといわれ、タクシーで70シュケルで帰ってきました。

 また、落書きについては、別記事で。


outside

 到着したアラブ側。活気がある。

town

 壁を越えて、ユダヤ側。静か。そして兵士がたくさんいる。

 ベツレヘムと違い、街の中に壁がある感じです。そして、落書きはユダヤ側にある。ヘブライ語の落書きがあった。

plete

 英語でも看板があり、ここはユダヤの土地だから、取り戻そうみたいな感じのヘブライ語と英語がかかれてた。アラビア語で書かないと、パレスチナ人には通じないんじゃないかと思うけど。
 この看板の上は、兵士の監視所になっている。でも、僕にはまったく興味が持てないらしく、一切こっちを見てない。なので写真を撮った。

point

 これがチェックポイント。プレハブ。これはアラブ側。



 アブラハムモスクというところが見所なのですが、モスクなのにユダヤ人地区にある。なんとも複雑。よって入るのには厳重な荷物チェック。
 アラブ側はいつも明るい雰囲気だけど、ユダヤ側はそれにヒステリーになってる感じがする。まぁ数日いた印象だけど。ヘブロンは、それが最も感じられる場所だと思います。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>