越境船(アスワン→ワディハルファ)


エジプト スーダン 交通 2014年03月16日

 エジプトのアスワンから、スーダンのワディハルファまで、フェリーで移動します。
 海でも、川でもなく、ダム越えです。



 どこも船ってやつはバックパッカーを悩ませるものですが、こいつも然り。こいつの問題点はこんな感じ。
・週に1便。
・出発日が、日曜、月曜、火曜のいずれかで、どうやら月ごとに変わるらしい。
・時々、臨時の土曜便があるらしい。
・船が出た日の翌日から、次の便のチケットが発売される。
・チケットが発売されると半日で売り切れる。
・値段が高い。僕のときは340ポンド。どんどん値上がりしてる。
・めっちゃ混む。てか、人より荷物がすごい。

 と、やばい船ですが、僕は自信がありました。僕は船運がそこそこいいのです。
 カスピ海渡るときは1日も待たずに乗れたし、ジブラルタル海峡のときは天候悪かったけど希望通りのルートに乗れたし、アカバ出るときも2時間待たされただけでしたもん。
 今回も、旅仲間から話に聞くほど、キツくはなかった。まぁそれでも、キツいことはキツいけど。



 まず、チケットの購入です。

ticket1

 アスワンで購入する場合は、写真の場所。
 アスワン駅を出て、左に向かうとスークです。入り口のゲートが見えます。スークには入らず、ゲートの目の前で右折、真直ぐ進んで最初の曲がり角で左折。ちょっと歩けば、右手に写真の景色が見えます。

 僕は月曜の朝6時半に向かいました。その時既に僕の前に9人並んでました。それだけ人気のチケットなんです。ちなみにチケット発売は9時から。
 前々日は夜行バス、前日は夜10時から深夜2時まで移動して、朝6時に起きてここまで来たけど、がんばらなければいけない理由があったのです。

ticket2

 さっきの写真のチケットカウンター拡大版。ここに並びます。
 チケットはビザがないと売ってくれません。なので予約するだけ。予約といっても紙に名前を書くだけです。僕は予約だけして、その日のうちにビザ申請。月曜にそれして、水曜にビザ取得からのチケット購入でした。

 チケット購入時にも紙に名前を書いて、順番を守るようにしてました。僕は10番目。
 そしてその紙を管理しているのは、フェリー会社の係員ではなく、両替屋でした。まぁそうやって仕事してるわけです。

 この両替屋、国際レートよりはレートがいいです。
 この記事を書いている現在のレートが1スーダンポンドが1.22エジプトポンド。でも1スーダンポンドを、1エジプトポンドで売ってくれます。
 ちなみにドルだと、スーダン国内で国際レートの1.5倍くらいいいレートで変えてくれます。僕はこの時点では、一旦ドル温存だったので、エジプトポンドを替えました。



 で、当日。
 朝、8時にアスワン駅を出る列車に乗って、ハイダム駅に向かいます。料金は1.5ポンド。船の出発予定時刻は17時ですが、その前にゲートを閉めるそうなので、これで行けと言われました。
 ハイダム駅はダムで働く人たちが使う駅なので、おそらく朝と夕方しか列車が無いのではないかと思います。なので朝8時発に乗ると。乗車時間は30分です。

 で、ハイダムの税関のゲートが開くのが9時。
 そこで、いくつか紙もらったり、スタンプ押されたりします。40ポンド払うところと、2ポンド払うところがあるので、合計42ポンドのお金の準備が必要です。
 荷物チェックはX線通したけど、ほぼ見てませんでした。ザルです。

ship

 で、ようやく船に乗ると。
 越境する船にしては小さい。今まで乗ってきたどの船より小さいです。人も荷物もたくさん乗るんだから、もっとでかくして欲しいぜ。

dek

 甲板で寝ました。僕は10番目くらいに乗船したので、こんな感じでしたが、ここの全てが荷物と人で埋まり、夜トイレに行くのも人と荷物を掻き分けていかなければならなくなります。

bigger

 使われていないっぽい客船。
 こっちの船を使って欲しいぜ。

moonlight

 月がダム湖に反射して綺麗。ブレてるけど。
 船が出たのは19時過ぎ。予定を2時間オーバーする、という予定通りです。

breakfast

 朝食。
 日曜の朝に船に乗り込んで、翌日の昼まで船の上です。で、船のチケットには1回分の食事券がついてきます。
 僕は日曜は自分で持ち込んだバナナを食べて、月曜の朝に食事券を使う戦法で行きました。ちなみに写真の食事はおいしくないです。

temples

 アブシンベル神殿。
 朝8時半くらいに見えました。正直な感想は、わざわざ行かなくてよかった、です。
 遠めに見ても、巨大さは伝わったのと、中まで見たいという気持ちにはならなかった。

 船に乗っている間にスーダンの入国スタンプを押します。船の1階に食堂、2階にカフェテリアがありますが、カフェテリアの後ろにスタンプ押してくれるところがありました。
 また、船が到着して下船前に、カフェテリアでなんか書く必要があったみたいで、書かされました。

 んで、スーダンのワディハルファの到着がスーダン時間で13時。エジプト時間で12時。
 そこから軽い荷物チェックがあって、船着場を出ます。
 ワディハルファの町へは乗り合いタクシー10ポンド。これはエジプト人、スーダン人もそれくらい払っていたので、相場っぽいです。



 船の中では、近くに座ったスーダン人と話してました。ユセフって言うんだけど、UNで働いたことがあるんだって。英語ペラペラだった。
 甲板は鉄の地面だし、人と荷物で狭いし、周りは砂漠だから夜は寒いしで、寝心地は最悪でしたが、それなりに楽しい船旅でした。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>