エチオピア総集編


エチオピア くに 2014年04月13日

 長かったエチオピア。すばやく移動するのは難しいよ。

 エチオピアはこんなふうに思ってました。
 3月21日に徒歩で入国、そして安宿に泊まる。翌22日にバスゴンダールに移動し、中々綺麗な宿に泊まる。さらに23日シレにバスで移動し、けっこう綺麗な宿に泊まる。
 そして、24日バスでようやくメケレに。夜行バスが禁止な上に、山がちでバスが遅いこの国は、移動にめちゃくちゃ時間がかかるのです。メケレに着くまでスゲー時間かかった。

 メケレでは、最初はwifiが使えるMoringa Hotelに滞在したけど、その後は約2ドルの安宿に。
 で、3月28から31日まで待望のダナキル砂漠ツアー。これのために待っていたのです。
 ダナキルから帰ってからはMerkeb Hotelに泊まり、翌4月1日にSelam Busでアディスアベバに。Baro Hotelに滞在。

 んで移動、移動。4月2日はバスでジジガへ。Shaam Hotelに滞在。4月3日にバスでソマリランドに向かいました。
 5日にはソマリランドから帰り、ハラルのThewodros Hotelに泊まりました。4月6日もバスでアディスアベバに移動。Taitu Hotelに泊まる。本当はアディスアベバにちょっと滞在するつもりだったけど、ケニアに向かう仲間が見つかっちゃったので一緒に行くことに。
 なので4月7日、8日もバス。8日にようやく越境し、出ました。



 長かった。この総集編を書くのもシンドイ。
 しかも毎日毎日移動移動でしかもキツイ。大変な国だった。しかも世界3大うざい国を越えるとも言われる国。

 でも、僕の感想は楽しかった。
 アラブ圏を抜けて、キリスト圏に入った驚きもあるし、時間の数え方が違うんですよ。12時が6時で、6時が12時なんです、とか。バスがきついのもいい思い出。
 ぼくが行ったときがちょうどファスティングデイズという期間で肉が食えなくてそれも嫌だったけど、そこらへんもおもしろいって思いました。インジュラは独特だしね。
 人がおしゃれになって額に十字の刺青だとか、ドレッド、編みこみ、アフロ、様々。

 ただ、子どもはうっとうしかった。大人は僕があった人は基本親切で、むしろスーダンよりいい人ばかりだったけど、うざさは子どもに集約されてる。エチオピア来て、子ども嫌いになりそうになったもん。他の旅人もそうねって言ってた。
 あと、これは嫌いだったのがエチオピアの音楽。どの曲も似たような感じで、演歌みたいな印象。バスだとずっと流れてるし、踊りも胸を揺らす独特のもの。エチオピア人は聞くと体揺らしてて、人々にしみこんだもんなんだって感動したけど、見てて楽しいものではなかったですね。

 あとは宿がめちゃくちゃ多い。旅行者が多いってのもあると思うけど、夜行バス禁止だからニーズは他の国よりあるんだと思います。基本wifiはないですが。

 てなわけで、すごく独特の国。アフリカの中でも植民地化されなかった土地だけあって、すごく魅力的です。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>