バス(ナイロビ→マラバ)


ケニア 交通 2014年04月17日

 うまくいかねぇ。
 ナイロビからウガンダ国境のマラバにバスで移動します。

 使った会社はEasy Couch。ナイロビ駅のすぐ東側にオフィスがあります。値段は1400シリング。
 朝9時発予定で10時発。国境に到着したのは21時。おっそ。



 本当は、ウガンダのムバレという町まで行くつもりでした。そこから少し北のシピという町が目的地。
 でも、ケニアはイースターホリデイらしく、バスはどこもいっぱい。ようやく見つけたのがEasy Couchということでした。Easy Couchもムバレ行きは無く(ケニア側にもムバレはあり、そこ行きはある)、国境までのバスを選択しました。
 そしたらバスは出発遅れて、到着は夜中。国境は24時間開いているらしいのですが、夜間に国境を越える気にもなれず、ケニアシリング余ってるし、また両替商と交渉する気にもならないので、マラバ1泊決定しました。

 なかなかケニアも国土が広く、移動が思うようにスムーズにはいかないようです。



 それとチケット購入でも一悶着ありました。ってもケンカしたわけじゃない。
 滞在した宿に到着する前にバスのチケットを探して、何件もバス会社のオフィスを回り、当日、翌日のチケットが中々見つからない。一旦あきらめてNew Kenya Lodgeに行きました。
 そしたらバスのチケットをアレンジしてくれるとのこと。僕は待つだけってことで待ってました。
 しかし結果はやはり無いと。そしてEasy Couchは閉まっていたから確認できなかったよと言われました。

 でもその後、自分の足でEasy Couchのオフィスに行ったら開いてました。つまり宿の人はEasy Couchに行ってないのに、行ったと嘘をついたわけ。
 なんでそんな嘘つくのかっていうと、サファリツアーの斡旋があるわけで、3日くらいバスのチケットが無いから、待ってる間にサファリでも如何と言われました。当然断ったけど。

 それくらいの嘘は今まで何度もつかれているわけで、どうってことないですが、やはりこの宿も全面的に信頼できる宿ではないなってことですね。
 現在、JJが2回の強盗があったため、ナイロビの宿はNew Kenya Lodgeがメジャーになっているようですが、新しい宿を開拓したほうがいいんでしょうね。駅前の繁華街にはたくさん宿がありますし。



 ちなみに3日くらいバスチケットが手に入らないというのは流石に嘘だろうけど、翌日、翌々日のチケットが中々手に入らない状況だったってのは本当です。それは僕もバス会社を数件回って知っていたこと。

 ナイロビは治安が悪いと言われていて、バックパッカー仲間も不安に感じている人が多いです。
 僕自身はナイロビは、気をつけてさえいれば大丈夫だなって感覚ではあるのですが、こういうときに頼れる宿があるのと無いのとでは、大きく違います。

 新たな日本人のたまり場が早く見つかりますように。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>