マプト


モザンビーク まち 2014年05月16日

 今まで行った町の中で、最凶に治安が悪いと感じた。マプト。

fort

 砦と建設中のビル。背の高いビルは、基本建設中。使用されてるのは無かった。これから更に発展していくのでしょう。砦との対比がおもしろいです。
 この砦ですが、中はイベントスペースみたいになってます。観光するような感じじゃなかった。

shop

 ベネトンがあった。こういうブランドを見るのが久しぶりなのでビビる。

car

 車は日本車は多いです。比較的新車が多いと思う。
 今まで、いろいろな日本車に会ってきたけれど、マツダは初めてか久しぶり。がんばれマツダ。僕はホンダ派だけど。南アが近いので、マツダも南アを中心に展開しているのかもしれません。

church

 教会。この教会の近くに共産主義丸出しの銅像が建ってますが、この教会もどことなく旧ソ連のにほいがする。でかさとか、角ばってる感じとか。

station

 エッフェル塔を設計したエッフェルさんが設計している駅らしい。たしかに、マプト内のどの建物とも違う雰囲気。

inside

 駅の構内は完全にヨーロッパの駅。鉄の骨組みとか、時計が釣り下がってる感じとか、アフリカじゃねぇ。

building

 あとついでになんかオシャレなビル。

market

 マーケット。いろいろなものが売ってる。観光客もよく来るのでしょう、けっこう話しかけてきて売りつけようとしてくる。
 市場っていうと汚いイメージですが、建て替えたばかりなのか、とても綺麗でした。

street

 でもそこからちょっと離れたところに行くと、路上で商売している。
 ここはアフリカなので、どの国でも黒人さんは路上で商売してます。日本だって渋谷でしてる。でも、ここの景色は、町の綺麗な部分との対比があり、なんだか異様に感じる。
 こういう露店の人たちはタチが悪そうで、僕を見つけるとすぐにジュース奢ってくれって言ってきます。そういうことは何度か言われたことはあるけれど、なんかここの人たちは、怖い印象がある。

ferry

 カテンベというマプトの目の前を流れる川の対岸へのフェリー。カテンベに渡るとモザンビークの本当の姿が見えるらしいのですが、今回は時間が無いので止め。
 でも、このフェリー乗り場に行く道の途中も治安が悪い印象を受けました。本当の姿ってヤツを垣間見た気がする。

town

 これはアッパータウン。こっちはすごく綺麗な住宅街。さっきまで見てきた、ゴチャゴチャで汚くて、目の濁った人がいるところとはぜんぜん違う。綺麗にすみわけがなされてる。近くにいるけれど、待遇の差は本当に大きいんだろうなって思います。こういう差がある景色が、なんだか不気味に感じます。
 ちなみに普通の一軒家でも、有刺鉄線や電気線に囲まれてセキュリティはばっちりでした。やはり治安は悪いのでしょう。

 ナイロビの治安が悪いとか言うけれど、僕はそうは感じませんでした。ナイロビはゴチャゴチャしてる感じのところも、全然怖くない。本当に治安の悪い場所ってのはあるんだろうけれど、ナイロビ自体が広いので、行かなくても済みます。
 ダルエスサラームにしたってそう。あそこは旅行者狙いのタクシー強盗が流行ってて、僕はナイロビより怖いって思ったけど、それも気をつけてれば大丈夫だし。ちょっと夜出歩くのも、道を選んで遠出しなければ大丈夫だし。

 でも、マプトは単純に治安が悪い気がします。僕が治安が悪いと感じたエリアは、スワジランドとか南ア行きのバスが出る近くで、宿からだと通過しなければいけないエリア。迂回路はあるので暗くなってきたら、絶対にそっちを通ったほうがいいと思う。



 南部アフリカに入って、経済的に豊かになっている分、格差が激しく、それだけ治安も悪化するのかもしれません。ヨハネスブルグ怖いっていうけど、本当に怖いのかも。少なくともマプトは今のところ一番怖いです。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>