越境バス(ベリーズシティ→フローレス)


グアテマラ ベリーズ 交通 2014年07月15日

 僕は、途中で寄り道したけれど、ベリーズシティから、グアテマラのフローレスまで、バスで向かいます。

 早朝6時にバスターミナルへ。バスターミナルは、E Collet Cannal StreetとKing Streetが交わるあたりにあります。Google Mapsにも載っている。6時にバスが出発。ベルモパンに向かいます。1時間半くらいで着いたかな。ベルモパンのバスターミナルです。5ベリーズドル。

 この後、ブルーホールってところに行くのですが、それは別記事で。ちなみにベルモパンまで乗ってきたバスにそのまま乗ってブルーホールに行きました。



 ブルーホールからベルモパンのバスターミナルに戻ってきて、グアテマラ国境のBenque viejo del carmen、ベンケビエホに向かうバスの乗り口でバスを待っていると人が殺到してきました。
 いざバスが着てみると、バスに乗れるのは10人までだと言われ、僕は置いてけぼり。立ち乗りでもいいから乗せてよ。なんて融通がきかないんだ。
 しかも、黒人どもが横入りしてきて、僕は最初10番目以内で待っていたのにもかかわらず、乗れなかった。

 ホント、ベリーズはクソだな。ベリーズがクソだとは知っていたけれど、だいたいそういう国って、いい部分もちゃんと持っていて、僕はクソだクソだといいながらも、いいところもちゃんと知っています。
 でもベリーズは、何にもいいところが無い。本当に腐った国ですね。



 でも、次に来たバスには乗れました。
 乗るときに僕は自分に暗示をかけました。「おれは中国人だ。おれは中国人だ。」って、日本語でね。
 中国人のように、横入り上等で行かなくてはならないのです。仕方ないのです。

 それで無事にバスに乗り、ベンケビエホまで。だいたい2時間くらい。このバス、途中でガス欠起こしやがって、10分くらいロスしました。危うく、タクシーを拾うところでしたが、なんとか僕は持ちこたえて待ちました。



 ベンケビエホから国境までは3,4キロあるっぽいのでタクシーで。
 僕はこれを10ベリーズドルを値切って8で。たぶんもっといけたと思う。相変わらず値切りは下手だ。

 国境ですが、ベリーズは出国税がかかります。いろいろ細かい内訳はあるみたいですが、とにかくトータル37.5ベリーズドル。安くない。
 繰り返しになりますが、本当にベリーズは腐っています。物好きでなければ、行く価値はまったくありません。

 国境のレートは、ベリーズドル→グアテマラケツァールで3.4。通常のレートはこれ書いてる現在で、3.88とか。
 でも値切れない。やつらすげぇ強気。
 ちなみにグアテマラ側は3.45とかで若干レートがいいので、そっちで変えたほうがいいです。悪いことに変わりは無いけれど。



 国境を越えて、すぐに橋があり、それを渡ったたもとに、バス乗り場があります。30ケツァールでいけるらしいが、僕はなぜかワンランク上のバスに乗ってしまったらしく、50ケツァールでフローレスまで。
 バス内は汚いが、たしかに足元は広くて、グアテマラすげぇって思った。でも高い金払っただけだったわけね。

 バスはフローレス島ではなく、サンタエレナの町の中につきます。6th Avenueの沿い。6th Avenueを北にちょっと歩けばフローレス島です。



 いろいろトラブルあれど、まぁちゃんと着きました。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>