シパキラ


コロンビア 観光 2014年08月20日

 本日の写真は、基本ブレております。
 ボゴタ近郊の町、シパキラに行ってきました。岩塩採掘鉱を再利用した教会があります。

town

 シパキラ自体はこんな感じで。
 歴史地区があり、オレンジの屋根瓦、白い壁、青く塗った窓枠、コントラストに赤が綺麗な町です。

 それはさておき。
 ココにはカテドラル・デ・ソルという教会があり、僕の目的はそれ。ソルって塩のことね。

 行き方ですが、まずボゴタのトランスミレニオでPortal Norteにいきます。トランスミレニオの停車場なのですが、小さなバスターミナルが隣接しています。Portal Norteに着いたら、Intermunicipalって書かれた看板を目当てに歩きます。Intermunicipalってのはようは都市間交通のことだと思いますが、入り口が行き先ごとに違うので注意が必要。かならずZipaとかZipaquiraと書かれた入り口から入ってください。そしたらバスが目の前にあります。
 トランスミレニオが1400ペソ。そっからのバスが4300ペソです。行きも帰りも一緒。

 カテドラル・デ・ソルはバス降りたところからちょっと遠いですが、看板等もあり、僕は勘でいけました。なんとなく行きゃ大丈夫です。バスはバスターミナルじゃないところで、カテドラル・デ・ソルだっつって降ろしてくれます。帰りも降りたところからバスを拾える。

bolt

 入場料は23000ペソ。高い。水曜日は割引との噂がありましたが、そんなことなかった。他にも博物館とか、写真のボルダリングとかの合せ技チケットもあり、それはちょっとずつ高くなります。



enterance

 入り口。
 期待がたかまりんぐ。

cross

 十字架。これがやたらとある。本当にやたらめったらある。

statue

 彫刻さん。

street

 内部は広く、お土産屋さん街まである。観光地でんがな。

hole

 んで、これが一番でっかいところ。
 写真が暗くてイマイチだけど、迫力があります。

roof

 その天井。
 塩の層が波打って見える。



 出発前に、会社の後輩と採石場後に行ったのですが、そこと似た感じ。ちょっとそのときのことを思い出して、懐かしくなったりしました。でもここはライトアップやら土産物屋やら、かなり金かかってるし、イロモノ感が半端無いけど。

 入場料がそこそこ高いけど、なかなか面白かった。教会としてはとくに興味は持てないけれど、岩塩採掘鉱としてはおもしろいです。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>