鉄道(マチュピチュ村→オリャンタイタンボ→クスコ)


ペルー 交通 2014年10月02日

 鉄道でオリャンタイタンボまで移動して、そこからクスコにバスです。

 僕がマチュピチュに対して不信感を抱き始めた原因はこれ。さらにそれがマチュピチュに入ってあーだこーだあって爆発しました。マチュピチュではかなり小さいことでキレてるけど理由があるのよ。

 高い。

 とにかく高い。
 僕が買ったのが朝5時35分にマチュピチュ村を出るやつで56USドル。高い。何度でも言うよ。高いよ。たいした距離じゃねぇのよ。高いのよ。バスなら40ソルだからだいたい16ドルだよ。
 ちなみに一番安いやつくれって言って頼みました。マジふざけんなだよ。マチュピチュの入場料で既に50ドル近く取られるのに、さらに移動費までふんだくってくるというペルー政府の腐りきった、観光客をなめきった態度。ガチで頭にきますわ。

 ちなみに写真はありません。
 だって景色たいして綺麗じゃないもん。ぶっちゃけバスで水力発電所まで行くルートのほうが、圧倒的に絶景。デスロードみたいなところ通るけどね。
 僕は行きも帰りも同じルートはおもしろくないので列車選んだけど、後悔の嵐だよ。

 オリャンタイタンボからは8ソルで、クスコまでです。これはスムーズな乗り換えでした。



 あぁ、忘れずに情報を言っておくと、鉄道のチケットは色んなところで買えるっぽい。クスコ、マチュピチュ村。僕はクスコのアルマス広場に面したPeru Railのオフィスで買いました。クスコには駅もあり、そこでも買えます。
 マチュピチュ村の駅はけっこうわかりづらいので注意が必要です。マチュピチュ村の入り口から線路が2本に分かれていて、駅は奥まったところにあります。お気をつけて。そういうユーザビリティの低さもゴミなんだよね。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>