マチュピチュまとめ


ペルー 観光 2014年10月02日

 マチュピチュのまとめ。

 まぁ南米のハイライトとも言える一大観光地ですが、僕は好きではないですね。
 まず何より高い。入場料だけならまだしも、そこに行くまでの列車代もバカ高い。これはね、もう詐欺ですよ。僕は列車使ってしまったけれど、まともな神経なら列車なんぞ往復とも使わないほうがいいです。

 もともと僕が遺跡あまり好きではないというのもあるのですが、マチュピチュ自体は景色が綺麗なだけで遺跡的な満足度は低いです。
 景色が綺麗な遺跡なら、正直アンコールワット近くのプレアビヒアとかのが全然上。てか入場料も安いし、規模もでかいし、自然とのコラボも美しいしで、アンコールワットのほうが数段上。そんな感じです。



 観光ですが、僕は3日かけました。1日目がバスでクスコからマチュピチュ村に移動。2日目がマチュピチュ観光。3日目がマチュピチュ村からクスコに移動です。

 もし、もしだよ、僕みたいにあまり遺跡が好きではないんだけど、やっぱりマチュピチュってデカイ観光地はずせないし、どうしようってんならモデルプランありますよ。

 まず、クスコからマチュピチュ村までは往復ともバスで行くべきです。クスコの旅行会社が取り扱っているので、そこで片道40ソルで買えます。列車は景色があまりよくありません。
 で、行くのが1日目。2日目は、早朝からマチュピチュへ。ワイナピチュに関しては行ってないのでなんとも言えませんが、ワイナピチュのチケット取れなくてマチュピチュ山行くかっつったらやめたほうがいい。マチュピチュ山登るの大変なので達成感はあるけど、疲れるし、その割りにマチュピチュが遠くて遺跡感が薄れます。
 マチュピチュ内にも高台があるので、そこで景色を楽しむのがベスト。そして、その日の午後には歩いてバス乗り場まで行き、クスコに帰ると。

 マチュピチュ村は宿のクオリティも低く、メシも高いので何泊もするべきではありません。1泊で十分。マチュピチュ観光する日にすべての荷物を持ってマチュピチュに歩いて上がり、マチュピチュで3ソルで荷物を預けて観光します。半日で全然足りるので大丈夫です。



 てな感じです。
 マチュピチュ好きな人って多いと思う。それはそうだよね。あれだけ有名な観光地だもの。でも人間思うことは人それぞれ。僕はマチュピチュの景色は美しいと思うけれど、あまり好きじゃない観光地です。

 旅をしていると、デカイ観光地がある国とか、石油が出ちゃってる国ってあまりいい印象がありません。国自体がセコかったり、人が差別的だったり、なめてたり。そういう宝くじ当たっちゃいましたみたいな国のことを、僕は宝くじ国家と言うことにしようと思う。
 ペルー自体はそんなに悪い国じゃないと僕は思う。でも、マチュピチュは異常です。マチュピチュはペルーじゃない、まったく別の国で、宝くじ国家です。

 ペルーのゴハンってだいたい150円くらい払うと、でっかいスープと、ライスと米がのったプレートがセット出てきます。すごくおなかいっぱいになる。
 マチュピチュ村で買おうとすると値段は600円くらい、量は半分。それとね、店の外に値段が書いてあるんです。それを信じて店に入ってメシ食って会計したら、サービスチャージを上乗せしてくる。店だって汚いんだよ。そんな高級な印象だってない。
 高いとか、量が少ないとかはまだいい。でも当たり前のようにサービスチャージを取るのは、異常だよ。もうここ、ペルーじゃないよ。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>