越境バス(ウユニ→カラマ→ラセレナ)


チリ ボリビア 交通 2014年10月08日

 けっこう綺麗でしたよ、流石に景色が。
 ボリビアのウユニから国境を越えて、チリのカラマへ。そこから更にチリのラセレナに向かいます。

 バスはflecha bus社。ウユニにバスターミナルはありませんが、Google Mapsにはバスターミナルって載ってて、まぁでもそこから出ます。チケットもそこで購入できる。朝4時出発。カラマ行きはみんな朝4時っぽい。たぶん国境とかの都合だろうけど。
 カラマはたぶんバス会社のターミナルが最終地点だったけど、途中でカラマのバスターミナルに寄るのでそこで降りました。次の乗り換えのためにも必要だと思う。到着時間は覚えてないけど、ボリビア時間で14時過ぎだったと思う。。ってかそのあとに事件が起きる。

 ボリビアから他国に抜ける場合、基本的には国境で時間がかかります。
 なぜかというと、ボリビアはコカインの生産で有名だから。だからチリ側の税関での荷物チェックが厳しい。これはボリビアからどの国に抜ける場合でも同じらしい。実際久しぶりにちゃんとした荷物チェックだったし、僕らの前のバスでコカインが見つかったらしい。やいやいだね。

 ちなみにボリビア出国の際は15ボリ払わされました。出国税という皮をかぶった賄賂ね。つっかえした人もいるので払う必要はないと思う。
 僕も普段ならブチギレてるところだけど、ボリビアにはもう一度入国するので、まぁいっかってことで払った。2ドルくらいだし。僕だって疲れているときはあるのです。

desert

 国境を越えた直後、チリ側の景色。

silver

 砂が銀色に光る。

salt

 ウユニとは比較にならない小ささだけど、塩湖も。



 こっからが問題。
 カラマを18時初のバスチケットを買いました。で悠長に待ってたら18時過ぎてた。

 なぜ、この僕にそんな初歩的なミスが起きたのか。それをお伝えしよう。
 まずカラマに到着して、僕はスマホの機内モードをオフにして電波を受信。それによって時間を合わせた。すると時間が1時間得したではないか。ボリビアから西に向かったのだから、1時間得するのは自然なこと。僕はその時間を信じた。
 そして16時半。一緒にいた人が時間に対して不安を訴えていたので、僕は売店のおばちゃん、トイレのおばちゃん、はてまでチケット売ってるおねぇちゃんにまで時間を聞くも今は18時半だと。

 チリは南北に長い。更に最南部は人間が住める一番南だったりする。つまり夏季の日照時間がえらい長いのでありますよ。つまり、チリより更に東にある経度の標準時にあわせるメリットがあるのよ。
 もともとの時差はボリビアと同じなのですが、サマータイム時はなんかずれるみたい。とにかくボリビア時間プラス1時間だった。ここらへんのややこしい事情はよくわからんので、チリに入る人はとにかく時差には気をつけてください。

 ちなみにカラマから乗ったバスはPullman Bus社。最終的に19時半の便に乗って、ラセレナのバスターミナル到着は12時くらいでした。17000ペソ。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>