ミニトレッキングINペリトモレノ氷河


アルゼンチン 観光 2014年11月18日

 氷河!このために、ここまで南下してきました。いろいろ思うところあるわー。
 ペリトモレノ氷河を見に行きます。

 エルカラファテからペリトモレノ氷河を見に行く場合、3パターンぐらいあんのかな?クルーズ船で見に行く、ミニトレッキング、ビッグアイス。ビッグアイスは、トレッキングでミニより長時間なやつです。
 僕はミニトレッキングに参加しました。ミニトレッキングとビッグアイスはHielo&Aventuraという会社しか扱っていないらしく、どこのオフィスで申し込んでも結局そこのツアーになるそうです。オフィスの場所はAvienda Livertador 935。町の中心の大通りの東のほうです。どこのツアー会社で申し込んでもマージン発生していないようなので、どこで申し込んでもいいとは思います。

 最初はビッグアイスにしようと思ってましたが、トレッキングシューズがないとダメだって言われました。かつカラファテのレートが悪すぎて1ドル11ペソだったので金欠。ミニでもラグーンが見れるということだったのでミニに。ミニは1100ペソ。ビッグは1680ペソです。更に国立公園入場料が215ペソかかります。トレッキング用装備をレンタルすると1日70ペソだそうな。
 さらにビッグは氷の上は3時間だけどトータル7時間歩くコース。最近歩いてない僕にはつらい気がした。ミニは1時間だけです。

 ちなみに両替はHielo&Aventuraの道を挟んで反対側にあるネットカフェ。レートは1ドル11ペソで悪いけど、何軒かあたっても11以上にはならなかったです。



 説明おしまい!

green

 朝8時半に宿にピックアップ。バスでペリトモレノ氷河に向かいます。
 途中の湖。めっちゃエメラルド。

plane

 あと草原。高地を思い出す。
 とにかく気候的には厳しい土地ってことだね。

boat

 国立公園の入り口で止まり、バスに乗り込んできた係員に入場料を支払います。
 んで船で向かう。

blue

 この氷の青さ。これが見たかったんさー。
 写真だとなんだか微妙だけど、実際はもっと心に訴えかける色です。上手く言えんけど。チリで病気して、もうこれは僕は南下するなって啓示かと思ったし、コジャイケでた後もけっこう苦労してカラファテまで来たけど、ここに来て良かった。氷河の迫力はここが一番だろうし。

shoe

 んで、トレッキング。氷の上を歩くので、クランポンを履きます。
 けっこう歩きづらくて、ミニでよかったかなって思いました。僕はそもそもがっつりトレッキングする人ではないし、分相応な感じ。

ice

 氷の世界って感じ。
 ここはもう氷河の中です。見渡す限り氷ってところまではいけます。ちょっと歩くと地面が見えちゃうところだけど。

lagoon

 んで、これね。
 これが見たかったのよ。この青さは氷が長い時間かけて圧縮だか、空気が抜けただかなんたらかんたらのせいです。要するに不思議現象なので、詳しくはwikiで。

 氷の下のほうがより青いそうです。もしかしたらビッグアイスでは奥地に行って、もっとすごい景色かもしれないけれど、まぁこれが見れて満足ですね。

wiskey

 最後、氷河の氷でウイスキー。
 氷河の氷で飲んだってものいいけど、単純にウイスキーが僕好みだった。甘くないけれど香りがよくて、焼酎好きですが、今後はウイスキーもいいなって思った。blenderとかいうやつだったかな。

forest

 もどってきた。

view

 最後、展望台から。
 上からみると、そのスケールのでかさがわかる。その青さも素晴らしい。



 来て良かったーって思いました。
 トレッキングをガッツリやる人とかは、ビッグアイスに行ってもっと満足感を得るんだろうな。僕は今回はミニで十分だったけど。病気してて旅へのテンションは低めだったのですが、今後がんばれそうです。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>


  • 宮川 拓 より:

    足元でもはっきり分かるくらい青いんですねー。これはぐっときそう。