ダイビング&サイクリングINプエルトマドリン


アルゼンチン 観光 2014年11月21日

 アシカと潜るダイビング。
 あとついでに自転車でクジラを見に。



 ダイビングを申し込んだのは海岸沿いにあるショップ。Scuba Dubaってとこ。場所はAlmirante Brown通り沿い。一番海側の通りです。また、自転車を借りたのもダイビングセンターでAquatourってとこ。これはAvienda Julio Argentino Roca通りでSarmiento通りとAvienda Gales通りの間。
 Aquatourでダイビングも申し込もうと思ったけど、行ったとき閉まってた。ダイビングセンターに限らずおみやげ物やもそうなんだけど、13時から17時くらいがシエスタでお休み。なので注意です。ちなみに自転車は4時間で100ペソでした。

 ダイビングフィーは、現金で払うと1000ペソ。クレジットカードだと1200ペソだそうな。クレジットカードで払うだけで倍以上になるってことだ。闇レートじゃないからね。恐ろしや。でも現金なら思ってたより安く潜れた。
 ちなみに両替は町のツアーデスクで。場所は9 de JulioとAvienda Julio Argentino Rocaの交差点のところ。レートはドル12でした。別によかないけど、カラファテよりはマシ。やはりブエノスアイレスが近いほうがレートがいいんだと思う。

sealion

 アシカですが、2頭しか見れんかった。
 今日はすさまじく透明度が低くて2mくらい。アシカが2頭現れただけでもラッキーな感じ。船の上から陸地を見ると、アシカのコロニーがあってたくさんいるんだけど、こっちからアプローチするのはルール違反なので。
 写真の置物はなぜか貰った。今日の収穫が乏しかったののフォローかな。ちゃっかりトリップアドバイザーのタグがついてるのが現金な感じでいい。僕はそもそもトリップアドバイザー自体が嫌いなのでレビューしないけど。

 ちなみに今回僕は7時半にダイビングセンターに集合したけれど、集合時間は日々変わるらしい。満潮時しかアシカのコロニーに近づけないらしいので、潮によって潜る時間が変わるんだそうな。
 潜る時間は45分だけ。これもルールで決められてる。まぁ十分ですな。あと、ウエットスーツが分厚いし、かつ4,5mまでしか潜らないのでウエイトがすげー重い。12キロだったらしい。錘数えて無いので正確にはわからないけれど。でも完全にオーバーウエイトで、すんげぇ潜りづらかった。
 ダイビングセンターについてはよかったと思う。自転車を借りたAquatourもなぜかデイバッグを貸してくれたりと親切だった。ダイビングセンターについてはどこを選んでも値段が変わらないらしいし、サービスも安心できるんじゃないかな。2軒と話した感じだと信頼できる印象を持ちました。

 ってことでダイビングの内容については、すげー残念だったけど、そもそも僕は大物運がすさまじく低いので、アシカが2頭も近づいてきてくれただけでもよかったかなって思う。
 それに2ヶ月ぶりのダイビングはやっぱり気持ちよかった。ウエットスーツが7ミリ2ピースとかですさまじく息苦しくて、船の上で酔ったし、水も13度ですんげぇ冷たいんだけど、水の中に入るとなんか頬が緩むっていうか、楽しい。海は好きだなぁって思った。



 サイクリングについては、El Dorarilloってところまで。プエルトマドリンから19キロ北西に行った場所です。

bush

 こんな感じ。荒野にブッシュ。
 ここはクジラが現れるらしい。

 プエルトマドリンの最大の見所はバルデス半島ってところ。ここにクジラが来るわ、ペンギンのコロニー、アシカのコロニー、ゾウアザラシのコロニーと盛りだくさん。運がよければシャチのハンティングに遭遇することもあるらしい。
 でも入場料がかかるし、レンタカーで行くかツアーで行くかの2択。金も無いし、時間も無いのでやめました。僕は、動物は猫が好きです。

sea

 El Dorarilloからバルデス半島を望む。
 僕はブログで何度も言ってるけれど、パタゴニアは空が広くて美しい。結局クジラは現れなかったけれど、とても気持ちよかった。



 と、収穫は少なかったけれど、こういう空振りも旅だし、何より海の近くにいられるってのが久しぶりだし、とても気持ちよかった。やはり海は好きだなぁって思った。海の近くに住みてぇ。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>


  • ハヤカワ より:

    結石だったらしく痛い思いしましたね。
    チリの汐見荘では楽しかったです。タクヤさんの博識ぶりに驚かされました。
    こちらは、帰国の最後の日(11月1日 土曜)の朝にブエノスアイレスでホテルの
      近くでケチャップすりにチリソース(オリーブ油和え)を右側後からかけら
      れる被害にあいました。
      直後に親切そうな顔をした親父が近づいて、「背中が汚れているようだね」
      (前から見えたのかなあ?)と近づいてきましたので気合を入れながら「No! !
      Stop!!」と大声を出すとそれ以上は接近してきませんでした。
      前方に仲間と思しきおばさんが二人、道路わきに白い車が止まって親父が
      こちらを覗っていましたので私にチリソースをかけたと思われる若者二人ずれと
      前後しながら私たちの注意をかく乱していた黒い服を着ていたでかい親父を入れ
      ますと7名くらいのグループで我々を計画的に狙っていたと思います。
      「砂かけ婆」ではありませんがバルセロナの泥かけ被害を考えますと私は「かけられ
      ジジイ」として格好のターゲットのようです(いやですね)。
    プエルトモンのホテルでは妻が古いカメラやメガネを引き出しに忘れてしまいました。
    気をつけて旅を続けて下さい。
      
          

    • sugiyamatakuya より:

      しばらくブログほったらかしですいません。
      体には気をつけないといけませんね。

      ハヤカワさんも色々あったようですね。長旅してますが、旅行者は弱いなっていつも思います。まぁそれでも楽しいことがたくさんあるんで旅してしまうんですが。。。
      これに懲りずに、また旅してください!