サイクリングINアンコールワット遺跡群


カンボジア 風景 2013年07月16日

 アンコールワットの3日券を買ったのですが、一日でめぼしいところは回ってしまいました。もちろん見てない遺跡は残っているのですが、ここんとこ遺跡フルコースなので正直おなかいっぱいです。
 ということで、アンコールワット遺跡群の敷地内を、ただただサイクリングするという贅沢をしてみました。

 自転車はクロマーヤマトゲストハウスで1USドルで借りました。借りたはいいものの、鍵が無い。盗まれても知らねーよって言ったけど、そういうわけにもいかん。でも、遺跡、みなきゃいいかって思いたちました。そういう事情もコミコミのサイクリングです。この後3時に待ち合わせもあったので急いでたし。

elephant

 象。どうやら乗れるみたいです。象は乗りたかったけど、どこかで気持ちに整理つけちゃったので、もう乗りたい気持ちがまったくありません。そういうのってなんか不思議です。

forest

 アンコールトムの北側の出口の堀。マングローブじゃないと思う。単に雨季だから沈んでるだけ。ちょっと不思議な光景です。

forest2

 これも。こんなところに根をはっても、生きているっぽい。たくましい。置かれた場所で咲きなさい。という本がある。
 でも、僕には無理です。

road

 延々直線。写真を見返すと、道の先をとった写真がかなりあります。これもその一つ。よく使われる構図であるし、またかよって感じもあるのですが、やはり印象的で使いやすいのです。

agri

 田植えをしている。

tanbo

 田んぼ。
 アンコールワット遺跡群の遺跡には一切立ち寄ってません。それどころか、入り口の写真すらない。でもそういうのも、旅の楽しみ方の一つです。



 めちゃめちゃつかれたので、宿に戻って休憩。でもだるさが続いたので、これは熱があったと見るほうがいいと判断しました。熱あって、しかも3時間ぶっ続けで自転車こぎました。

 これは間違いない。絶対痩せたでしょ。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>