シェムリアップ


カンボジア まち 2013年07月16日

 シェムリアップは、旅行者の街です。旅行者の街は今までも通過していて、それはバンビエン。でも規模が全然違います。何でもある。日本人もいっぱいいる。

 旅の拠点は基本的にクロマーヤマトゲストハウスでした。そこで友達作って、待ち合わせして観光。夜はそこで酒盛り。もっと盛大にやるときはパブストリートに行きました。
 パブストリートは生ジョッキ一杯0.5USドル。飲み放題と一緒です。

 アンコールワットの遺跡群や、ベンメリア、コーケー、プレアビヒア、トンレサップ湖など、周りには見所が目白押し。もともと長く滞在するつもりでしたが、きっちり1週間の滞在となりました。今までで最長です。スーパーが近くにあったし、日本語もちらほらあるし。過ごしやすい。

 ただ、ローカルレストランの反応は微妙でした。僕は外国人用のレストランにはもともとあまり行かないので、ローカルの人が行くところに行ったのですが、店員と目があっても見てみぬふりをされた。けっこう頭にきて、店をでました。2件目はそんなこと無かったけど、やっぱりいつもとは違和感がある。ローカルレストランに顔出す外国人は少ないのかもしれません。
 でも、外国人用は高い。wifiを使うとか、友達とメシを食う、飲みに行く以外では行きたくないのです。とはいいつつ、クロマーヤマトゲストハウスのレストランは行ってました。友達がいる、wifiが使えるので、そこは不可抗力です。日本食が食べたくなっても満たされる街です。

 また、安宿も腐るほどあります。まったくノープランで来てもすぐに見つかると思います。日本人宿に行けば、仲間を募集してたりしてて、友達も見つかるし。プレアビヒアやベンメリアなどに行くときはどうしても遠くて割高になります。なので、みんな仲間を募るのです。ぶっちゃけアンコールワットも同様。トゥクトゥクをチャーターするなら1人より2人。2人より3人がいいです。

 そしてシェムリアップ最後の夜は、酒盛りして送り出してもらいました。楽しい街でした。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>