BadakshanHotel


パキスタン 宿 2013年08月03日

 ソストの宿は、Badakshan Hotel。

hotel

 ダブルだけど一人で泊まって350ルピー。値切り前は400。水シャワーだけど冷たすぎない。wifiは知らない。

 ソスト到着後、まずは翌日の中国行きのバスチケットを購入。そしたらそこの人がホテル探してくれるんだけど、だいたい500ルピーでシャワーが使えない。
 別に500ルピーでもいいし、シャワー使えないことも覚悟してたけど、その両方は無理。いくつか回ったけど、御眼鏡に適わず、自分で探すことに。親切にしてくれるのはいいけどさ、面倒なんだよね。自分の価値基準を伝えるのも難しいし。
 その点、コショーサンは親切なのに、そういう押し付けがましいところがまったく無く、めちゃめちゃすごしやすかった。あのホスピタリティは世界と戦える。

 で、自分で400ルピーでシャワーつきを見つけました。値切りの苦手な僕でも頼んだら、すぐ下げてくれて、人がとても優しかった。
 あと、外出る時の南京錠はあるけど、中に入ると鍵かからない。内開きなんで、ドアの前に机置いて鍵代わりにしてました。そこらへんは臨機応変で。



 まったく整備されていない、汚い中庭があります。中庭は気持ちいい理論で宿を選んでいる僕としては、「よくがんばったで賞」をあげたい。夕方、雷鳴が聞こえて、中庭に置かれた椅子に座って、灰色に染まった雲を見てました。
 稲妻が走って20秒くらいすると、ドーンとかゴロゴロとか聞こえてきます。雨が降る前って、なんていうか落ち着かない気持ちなんだけど、不安て言うよりはワクワクしてしまいます。あぁ、これから嵐だなって思いながら、煙って天辺の見えない山々をボーっと見てました。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>